広島ペンクラブ

お気軽にお問合せ下さい。

広島ペンクラブについて
- about -

広島ペンクラブの活動

広島ペンクラブの活動

広島ペンクラブでは、年2回、会誌「ペンHIROSHIMA」を発行しています。

また、2か月ごとに開かれる広島ペンクラブの例会には、毎回、各分野で活躍されているゲストを招致しています。
講演を通じてペンクラブ会員の幅広い知識の向上に寄与するとともに、相互の親睦を図ります。
講演を通じて、新たな視点を得ることができるでしょう。

さらに、年に一度の日帰り旅行「ペンの旅」では、会員同士の親睦を図り、文学、芸術に親しむことのできる贅沢な時間を共有しています。

会長 あいさつ

会長あいさつ

 「広島ペンクラブ」は、戦後間もない1949(昭和24)年に設立された74年の歴史を持つ伝統あるクラブです。
 本クラブの規約には、趣意として「広島地方で広く文筆に従事するもの、ならびに特に広島地方の文化活動に関心のある各界各地域の文化人で組織する」とあります。さらに「クラブ員は自由な個人の資格によって行動し、一切の社会的、職業的、地域に拘泥しない」とも書かれています。
 当時、文化人として広く知られていたNHK広島中央放送局長の石島治志氏、作家の梶山季之氏、中国新聞社の金井利博氏らの尽力で設立の運びとなり、初代会長は広島大学の阿部余四男教授が務められました。広島の文化人が集うサロン的なクラブとして発足した本クラブですが、1962(昭和37)年には「ペン」誌が創刊され、以後も、脈々と発行を続けています。
 現在、会員は100名、例会を年6回開催し、「ペン」誌を年2回発行しています。
 本サイトでは、最新のクラブ情報、会員の活動などを発信していきます。

広島ペンクラブ 会長
 迫田 勝明

役員紹介

会長 迫田 勝明
副会長 原田 佳子、大谷 育平
専務理事 熊野 良樹
常務理事 岡本 忠文
事務局長 落田 克二
事務局長代理 西村 哲郎
監査 福田 康彦、吉中 康麿
総務委員会 委員長 沖川 恭子 副委員長 石崎 文子
会員委員会 委員長 木矢 克造 副委員長 財津 伸子
運営委員会 委員長 山下 江 副委員長 通谷 章
編集委員会 委員長 米門 公子 副委員長 平木 滋

*理事…副委員長以上

広島ペンクラブでは、
会員の募集ならびに
会誌「ペン」定期購読者の募集をしております。

詳しくはこちら

Page Top